機械製品や日用品などで使われる金属の棒は大体アルミが含まれている

機械製品や日用品などで使われる金属の棒は大体アルミが含まれている

三段ボックスに棚を作るならアルミの突っ張り棒を二本準備

並べられたダクト

部屋の収納に大変役立つのが三段ボックスです。価格もお手頃で、尚且つ木目やホワイトなどインテリア的にもお洒落に収納できる優れものです。収納したいものがたくさんある時は、同じカラーの三段ボックスを並べて使うと便利です。また収納ボックス専用の箱も販売されているので、それを利用すればスッキリ収納できます。しかし入れるものによっては、一段の中にもうひとつ仕切りが欲しい時もあったりします。
その様なケースでは、突っ張り棒を二本準備して簡易的な棚を作る方法がおすすめです。突っ張り棒は、アルミ丸棒が入っている丈夫なものを選ぶのがおすすめです。棒の部分の見た目は白などのカラーですが、強度を考慮して金属材料が使用されています。低価格の突っ張り棒の場合は、アルミの金属材料が使われていますが、簡易的な棚に使用するならアルミで充分でしょう。
棚の作り方は、二本の突っ張り棒を同じ高さに設置するだけです。普段使わないバッグなどを収納する使い方や、高さが合う手持ちの箱を使って細かいものを収納して、ボックス内を有効に使ってみましょう。突っ張り棒はズレやすいので、このような棚に置くものは、普段使わないものを入れておく使い方がおすすめです。

パソコン周りには棒や板のアルミなど金属材料でできた製品が多い

パソコン周りの製品には、アルミ棒やアルミ板などの金属材料でできている物が多いです。例えば、ノートパソコンの台は金属材料でできている事が多くなっています。その理由としては、熱を効率的に逃がす為です。金属材料以外のノートパソコン用の台もありますが、それだとどうしても熱を上手く逃がす事ができずに高さ調整ができるだけの製品となってしまう事が多いです。その点、金属でできているノートパソコン用の台であればしっかりとパソコン本体の熱を放出するのに役立ってくれます。
そういった機能面が関係ないパソコン周りの製品もあります。アルミ製のマウスやUSBハブなどがそれに当たります。機能面、性能面という事に関してはアルミである意味はありませんが、とにかく見た目がスタイリッシュになるという事で非常に人気があります。アルミは錆び難いのでいつまでも綺麗さを保ってくれますし、見た目重視の人にとてもおすすめできる製品です。
他にはアルミ製のマウスパッドも金属材料でできているパソコン周りの製品として人気です。アルミだとある程度の重さもありますので机の上でずれ難く、意外にも見た目だけではなく実用面でも優れています。ゴム製のマウスパットと違って耐久性も優れていますので、すぐにマウスパットが駄目になってしまうという人に非常におすすめです。アルミは棒や板など色々な形で使われますが、それはアルミが加工しやすいからです。アルミ棒はパソコン以外にDIYでも活躍します。

優れた金属材料であるアルミ棒の特性と原料のボーキサイトについて

地殻を構成する元素の中で、アルミニウムは酸素、ケイ素に次いで3番目に多い元素です(約8パーセント)。わたしたちが住む地球では、アルミはさまざまな化合物の形で、鉱物、土壌、水、空気、植物、動物などに含まれています。金属材料として利用されるアルミ棒やアルミ板は、調理器具、外壁、自動車の部品、容器・包装材などに使われ、銀白色に光り輝く独特の美しさから、見てすぐにアルミ製の棒や板であるとわかります。
アルミ棒と板の原料はボーキサイトという鉱石です。地球の地面の下には、多種多様な金属材料の原料が存在しているのですが、その中で最も多いのがボーキサイトです。ボーキサイトは、酸化アルミニウムが主成分の赤褐色の鉱石です。アルミはどのように作られているかというと、まず初めに、このボーキサイトでアルミナという白い粉をつくります。次に、アルミナに含まれている酸素とアルミを分けます。
さらに、溶けたアルミを型に入れて固めます(アルミニウム地金)。この地金を原料として、さまざまな加工を行い、製品素材に成形します。ちなみに、世界のボーキサイト生産量は1位がオーストラリア、2位が中国、3位がブラジルです。アルミは、金属材料として優れた特性がたくさんあります。金属のなかでも軽量であり、強度があり、さびにくく、熱伝導性に優れ、加工しやすい物質です。