機械製品や日用品などで使われる金属の棒は大体アルミが含まれている

機械製品や日用品などで使われる金属の棒は大体アルミが含まれている

金属材料は用途に合わせて特性に合ったものを選択

工具箱の中身

金属材料にはさまざまなものがあり、鉄いわゆる鉄鋼やアルミニウム合金、マグネシウム合金や銅合金などさまざまです。工業用途で用いられる金属材料の多くは、金属単体での使用ではなく、さまざまな金属材料との混合により使用目的にあった合金に変化させています。そんな、金属材料ですが使用用途にあわせて、適切な特性のものを選択する必要があります。軽さが重要視される個所でも、部材同士を結合する場所には異なる強度の金属材料を用います。
例えば、アルミニウム合金の骨格構造の接合にはアルミニウム合金のボルトとナットではなく、ステンレス鋼で製造されたボルトやナットを使用し強度を確保することもあります。また、金属材料を組み合わせる際には、異種金属接触となることもあり、長期間の接触により腐食することもあります。
この際、接続に使用される部材は腐食の進行が遅い金属材料を選定するということもあります。また、熱特性や粘り性などを考慮することもあります。例えば、自動車のアルミホイールを固定するのはアルミニウム合金のナットでは軽量化は可能なものの、耐久性や安全性を確保することができません。そのため、従来から使用されるクロムモリブデン鋼といった信頼性の高いものを選ぶなど適材適所の選択を行っています。